キャッシングとカードローンの違いとはなんでしょう?

 
ちょっと生活費が足りなくて困ったという経験はありませんか?

そんな時にキャッシングやカードローンは、賢く利用することでとても頼りになる存在です。ですが、借りたお金は返さなくてはなりません。一括であっても分割であっても返済は大事です。

 

借り方や返し方はいろいろ種類があります。それを選択することも出来ますし、選んだ消費者金融に決められてしまう場合もあります。

どちらにしても借り方・返し方は把握しておく必要があります。少ない借入れなのに返済の額が多くなっているということも起こりえます。すぐに借りれるのが消費者金融の魅力ですが、必要以上に返済額が多くなってしまうのはやはり損な事です。それは避けたいところですね。

 

実は「キャッシング」と「カードローン」は、この借り方・返し方の違いがあるので、その差について紹介します。自分の現状によって、どちらを選択するかで損得が変わってきますので是非参考にしてください。

キャッシングについて

キャッシングについてですが、利用方法としては、キャッシングカードやクレジットカードのキャッシング枠を利用して、ATMやキャッシュディスペンサーなどから希望のお金を引き出すことの出来るサービスです。

 

希望のお金といっても、引き出せる額の上限は、審査の時に決まった契約内容によります。審査によって額が決まるのは、年収によるところが大きいです。毎月の返済が無理なくできる額を審査の段階で判断されるので、年収が低いと借りれる額も少なくなってしまいます。

 

返済方法としましては、キャッシングの場合は「翌月の一括払い」が主流です。

借りた金額に利息を加えて、翌月の決められた返済日までに返す方法です。毎月の返済日は、貸す側と相談して決めることが出来ます。ほとんどが給料日かその翌日ですが、給料日が職種によって異なる場合があるので返済日を決めるのは自由です。

 

金融業者は一定の収入が見込める方にしか融資をしません。これは、次の給料日に一括で返せるくらいのまとまった金額が確実に手元に入ってくることが約束されていることがわかっているので、貸す側もそれを信頼して融資を行うわけです。

 

ですが、消費者金融などを利用していると、とてもスムーズにお金を借りれてしまうので、勘違いしやすくなるのが自分の口座からお金を引き出しているような感覚になってしまうことです。

 

キャッシングは一括で返すのが基本ですので、一度に支払うの金額はどうしても大きくなってしまいます。消費者金融から引き出したお金は借金ですから、次の給料日に返せる範囲というのを計画して借りる額を決めましょう。

 

カードローンと違ってキャッシングは返済方法を含めた利用計画が立てやすいのがメリットと言えます。一括での支払いは、返済完了までにかかる期間が一ヶ月で済むということです。そのため、利息の計算もしやすいのではないでしょうか。

カードローンについて

では、カードローンについてですが、利用方法はキャッシングとあまり変わりません。キャッシングカードやクレジットカードに加えて、ローンカードを利用して、店舗窓口やATM、キャッシュディスペンサーから希望のお金を引き出すことが出来ます。

 

審査の結果、契約により決められた上限の金額の中で、自由に何度でもお金を引き出すことができます。キャッシングと同様に、利用するのに審査がありますし、利用金額の上限も決められます。ここまではカードローンも、キャッシングと差はあまりありません。

 

カードローンの場合の返済方法は「分割払い」が主流です。

分割払いのカードローンは、お金を借りる段階で、毎月支払う返済計画を決めます。そうすると、一回の返済額が小額になるため、毎月の負担が少なく、無理なく返済が継続できるというメリットになります。

 

キャッシングの場合は次の給料日に入ってくるお金に左右されてしまうので、少ししか借りることができません。それに対して、カードローンの場合はもう少しまとまったお金が必要なときに、次の給料日のことを気にせず、借入れをお願いすることが出来ます。

 

ただ、借りた額や、分割する期間などによっては、その分利息が多くなってしまいます。長期の返済となると、それだけ利息が加算されてしまうので、一括払いのキャッシングに比べ、利息分の支払額が多くなってしまいます。気がつくと返済完了までに支払う額は思っている以上に増えてしまうので、そこは分割払いのデメリットとして捉えておくのがよいでしょう。

 

まとめ

「キャッシング」と「カードローン」はどちらにもメリットとデメリットがあります。借りたい額と、返済できる額、利息をできるだけ増やさないように早めに返済することも含め、計画を立てていくのが良いでしょう。

 

審査で決まった融資の利用額が例え多かったとしても、返済のことを考え、今、必要な金額だけ引き出すのが上手な利用方法と言えます。借りれる枠が残っていても、それを使わず用意しておけば、急な出費に困るということもなくなります。消費者金融の場合は、分割払いの方法でも「キャッシング」と呼ぶところもあります。

 

どちらにしろ、消費者金融としては、審査を通って契約できたお客さんはお得意さんなので、数回の利用の後、増額を進めてきます。それでも、少額の借入れで一括で返済するキャッシングを選ぶか、大きな額で長期返済をしていくか、どちらも利用できますので、あとは自分にあった利用方法を選ぶのが良いと思います。分割を繰り返して、気が付いたらびっくりするような額になっていたとしても、分割だと、月々の返済額があまり変わらなくて、気にならないままでまた追加で分割してしまうということにならないように気をつけましょう。