個人事業主の方の場合ではカードローンの借入れは難しい?

 

個人事業主も自営業の方でもカードローンを申込み、利用することはできます。

ですが、公務員の方や正規雇用のサラリーマンの方と比較すると融資は若干振りになるのは仕方のないことです。

これは、収入の安定性から見て、正社員ではないということでどうしても不安定と判断してしまいます。
なぜなら、収入が安定していると判断されない場合もあるからです。個人事業主と言っても自営業であり、フリーランスとも言えるので、正規雇用の方に比べると毎月の収入は安定しているとはいえないことも多いからです。

 

カードローン融資を受けるには、毎月決まった日に一定の給与収入があることが大前提になってきます。

毎月の売り上げや報酬が変動する可能性のある個人事業主、またフリーランスの場合、融資をしたとしても、毎月の返済指定日に遅延なくきちんと返済してくれるのか、貸す側も慎重にならざるを得ません。
そういう意味では、年収ではサラリーマンより収入が多いフリーランスの方でも、審査は慎重になるようです。

 

審査に必要な書類もサラリーマンだと少なく提出してすぐに済むところを少し時間がかかってしまう場合が多い場合もあります。

正規雇用の方の場合は年収に対して月収は毎月必ず同じ額を給与として貰えることが約束されています。ですが個人事業主の方の場合は約束はありません。そのために必要になってくるのが源泉徴収となってきます。個人事業主としての収入がどれくらい安定しているかを見られます。

 

最近のカードローンでは、50万円までの融資なら収入証明書が必要ないと設定しているところでも、借入れ希望額に関係なく、収入が証明できる書類の提出を求められることもあります。

 

ただ、ある程度の収入があれば、融資はしてもらえます。ですが、安定していないと判断されるとカードローンの融資額は最初は少なめに設定されるかもしれません。

 

審査の過程で重要な「在籍確認」ですが、個人事業主の場合は自宅を事務所にしていることが多いので、固定電話は必要になってきます。在籍確認としてその固定電話に確認の電話がかかってくることになりますので、個人事業主として携帯しか持っていないという方は、固定電話があったほうが良いのではないでしょうか。

 

逆に、収入が安定している正社員や公務員でも、過去のカードローン利用履歴に遅延ばかりの傷が付いていたとしたら融資はとても厳しくなります。

結局のところ、過去に問題があれば、職種は関係なく信用情報でチェックされます。職種が影響するのは初めて利用する方になります。