消費者金融カードローンの審査は厳しいのか甘いのか?

 

消費者金融のカードローンの審査は厳しいのでしょうか?それとも甘いのでしょうか?

しっかりとした消費者金融独自の審査基準があるので決して甘くはありませんが消費者金融カードローンの審査の特長としては審査が早いということではないでしょうか。
総量規制により、消費者金融からお金を借りる事は難しくなったと捉えている方は多いです。

ですが、年収の3分の1以内であれば融資は可能なんです。それ以上に審査が厳しくなったというイメージがついてしまいましたがそんなことはありません。消費者金融は上手に利用すればとても便利で頼もしい味方になってくれます。

 

昔と違って、利用される方の方法はもっとスマートになってきました。借りたとしても次の給料日には完済するといった感じで、お金に振り回されるのではなくコントロールしている感じです。

 

カードローンは生活のちょっと足りないお金を給料の前借りという感覚で上手に利用している方も多いです。実際に、カードローンを利用するきっかけになっている理由の1位が「生活費の足し」とのことです。

 

消費者金融側もそこのところをわかってきていて、最近では「30日間無利息」というサービスが利用可能になりました。

少し前まで期間限定のキャンペーンだったのが、今やサービスに変わりました。そういうお客さんが増えたという事なんですね。小額を借りて、次の給料日に入った給与から返済するというやり方です。30日も経たないうちに返済できます。利息をできるだけなくしたいからすぐに返す方法ですね。

 

以前と比べて利用しやすくなった要因は他にもあります。インターネットを使えるようになったのでとても便利に安心に利用できるようになりました。

 

まずは申込む段階でも、駅前の人通りの多いところにある消費者金融の店舗に出向く事なく、スマートフォンやパソコンがあって、ネット環境があれば、どこにいても申込みができます。来店不要というのは大きいです。誰かに見つかってしまうかもしれないというのは絶対に避けたいですから。

 

そして、審査のための免許証や収入証明などの書類は郵送して、それだけ審査に時間がかかっていましたが、今では、インターネットで送って大丈夫になりました。

 

写メかスキャンして、それをメール添付か、公式サイトから転送か、もしくはスマートフォンのカメラアプリでも送る事ができます。その後の利用も公式サイトですべてチェックできるので、郵便物を届かないようにしてもらうことも可能になりました。

 

審査の判断材料の差はどこにある?

カードローンを申し込む場合に、融資額をいくらに設定するかで変わってきます。

最近の消費者金融では、50万円までの融資には収入証明書の提示は必要ない、というサービスを行っているところも多くなってきました。それ以上の融資が必要になると、それなりの証明が必要になってくるという訳です。このサービスは借りやすさをアピールしているのだと思います。

 

融資全般の審査の厳しさのイメージを緩和させる狙いです。審査に通る基準をすでに持っているのに、厳しいイメージを持ってしまって、借りれるのに借りない方、借りたいのに借りられないと思い込んでいる方がいるのはもったいないですからね。このサービスは銀行系カードローンでも取り入れている会社はあります。