カードローン審査に通らない時の最善の対処法とは?

 

意にそぐわず、カードローンの審査に落ちた時は結構ショックを受けますよね。

 

確実に通るものだと思っていた方には、予想外すぎて愕然とするかもしれません。

 

ですが、一度の申し込みだけで、次を試さないというのは勿体無いかもしれません。これからご紹介するのが、カードローンの審査に落ちた場合にすべきことです。

 

◆ 審査を通らなかった理由は何か。

まず、落ち着いて落ちた要因について振り返って見ましょう。

 

審査に落ちた要因を分析することで次に繋げていくのです。もしかすると、偶然が重なって単純に在籍確認のミスなどで審査に落ちただけかもしれません。

 

他にも、スマホの機種変更をした際の分割払いが借金とみなされていただけであったり、勤続年数が短すぎたことだったり、収入の安定が見込めなかったことかもしれません。

 

いつどんな出来事が、審査に影響を及ぼしていたかは、冷静に落ち着いて考えると見えてくることもあります。

 

なので、じっくりと振り返って分析をし、審査に落ちない様な条件を揃えていき、用意ができたら次のカードローン会社に申し込みましょう。

 

◆ 問題が総量規制なら銀行カードローン。

自分ではわかっていなくても、審査に落ちた要因が総量規制の釣り合いで、借入の金額が総量規制のバランスにあっていないことかもしれません。

 

借入の金額が、自分の年収の3分の1になっているかを再度計算をし、もし大きく超えている様であれば、限度額を下げてから申し込み直すと審査に通ることもあります。

 

さらに、銀行系のカードローンであれば総量規制がないので、銀行系のカードローンに申し込んでみるのもオススメです。

 

もともと、総量規制というのは、返済プランを考慮し年収を基準に借入金額の設定をするというものです。

 

なので、その規制を超えてくると、返済が難しくなるということになるので、そう言ったことからも借入金額を考え直す必要がありそうですね。

 

◆ 幾つもの申し込みを短期間で行わないこと。

カードローンの申し込みに落ちると、気が動転し手当たり次第に幾つものカードローン会社に申し込みをしてしまう人がいますよね。

 

実は、その行為も申し込みブラックといって、信用情報に傷をつけてしまうことになるのです。

 

なので、1社ずつ期間を開けながら申し込んでいたら通ったのに、申し込みが重なったということで審査に落ち、カードローンの申し込みさえもしばらくの期間できなくなってしまします。

 

基準とするのは、1ヶ月に3社までがカードローンの申し込みが可能です。

 

もし、続けてカードローンの申し込みをしてしまったという人は、一度ゆっくりと深呼吸をして冷静な気持ちで審査に通らなかった理由を考え、対策を講じながら、時期が来たら落ちた時の教訓を活かしながら、再度申し込みをすると良いでしょう。