収入証明書なしで借りれるカードローンとは?

 

消費者金融に限らず、金融機関を利用しようとすれば必ず収入証明書が必要。

カードローンを申込む場合、審査は必ず行われますが、重要なのは2点。本人と確認できるもの。そして働いて収入があると証明できるもの。

 

本人確認の、いわゆる身分証明書だけあれば契約できると思っている方も実は多いです。ですが、仕事をして、安定した収入がないとカードローンなどは申込むことができませんので、それを証明するものとして、収入証明書が必要なんです。

ですが、収入証明書が不要になる条件があります。
借入希望額が50万円以内であれば収入証明書の提示が不要です。

収入証明書を提示しなくてもカードローンを申込むことが可能になるのは、希望借入れ額が50万円以下であるということ、または、現在他社で借入れがある場合は希望借入れ額と合計で100万円以下であることのふたつです。

 

キャッシングやカードローンを申込んだ時に、金融機関から提出を求められる「収入証明書」ですが、「収入を証明する書類」のことを言いますが、種類は以下のようなものがあります。
【源泉徴収票】
【確定申告書】
【給与明細書】
【税額通知書】
【所得(課税)証明書】
いずれも直近のものでなければなりません。
源泉徴収票と給与明細に関しては必ず勤務先名が表示されているものが必要です。年収や月収が掲載されているので、それが証明になります。

 

希望借入額以外にも収入証明書類の提出を求められることはあります。在籍確認の審査について要望がある場合に提示を求められうことがあるかもしれません。その場合は、勤務先名が入っている源泉徴収票や給与明細書などが確実などでそちらを用意しましょう。また利用し始めて3年経過した場合なども必要があります。

 

ただ、その証明書も勤務先や区役所に申請しなければならないもので、場合によっては使用目的を聞かれてしまうこともあります。ですので、できれば収入証明書不要の範囲内でカードローンに申し込みたいところです。